役員・取締役

弁護士特化の転職エージェント・サイトおすすめ10社徹底比較|選び方や評判から転職成功のコツまで

近年では弁護士のキャリア形成も一筋縄ではいかないことに加え、依然として業界体質が閉鎖的なこともあって、転職活動に不安を感じている人は少なくないでしょう。以前までは一般的であったひまわり求人求職ナビや紹介メインのやり方だと、転職活動に不慣れな人は納得いく転職の実現が難しいか

役員・取締役

社外取締役の役割と仕事内容とは|責任や報酬・社外取締役になる方法

社外取締役という言葉は聞いたことがあっても、「どのような仕事をしているのか」や「どうすれば社外取締役になれるか」を具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか。その名の通り会社の中から選ばれた取締役ではないという事は分かりますが、なるための要件などはどうなっているのか気になり

役員・取締役

社外取締役の報酬相場|平均663万円の妥当性と報酬の決め方・社外取の採用方法まで

最近よく聞く機会も増えた「社外取締役」という役割ですが、会社の経営が健全にできているかを客観的な目線から監視するための重要なのはポジションです。社外取締役になる人は、元経営者や税理士・会計士資格を持つ人など、経営のノウハウや財務に詳しい人が就任することが多くなります。この

コンプライアンス

著作権侵害とは|違反事例や罰則・著作権侵害をしてしまわない為の対策を解説

著作権侵害(ちょさくけんしんがい)とは、著作権法で保護されている著作物を正当な権限を持たない第三者が不正に利用する行為であり、もしこれを侵害した場合は民事請求として損害賠償を請求されたり、罰金や禁固刑などの罰則に処される危険があるものです。著作権法第百十九条著作権、出版権

金融法務

給与ファクタリングの違法性|適用される法律と違反時の罰則とは

会社から支払われる給与債権を早めに現金化する方法として、「給与ファクタリング」(給料ファクタリング)というものがあります。しかし、金融庁は、2020年3月5日、給与ファクタリングサービス事業は貸金業であるとの見解を公表しました。そのため、貸金業登録を受けないで給与ファクタ

役員・取締役

事業承継における生命保険活用の注意点と得られる節税効果とは

事業承継の準備には生命保険が利用できるという話を聞いたことがある方も多いかと思いますが、承継する事業の種類によって、また後継者との関係性や承継の方法によって、活用できる保険の種類が違うということまでご存じの方は少ないのではないでしょうか。ここでは、事業承継の際に活用できる

人事労務

就業規則の作成はどの専門家に相談すべきか?社労士や弁護士へ依頼するメリットと費用についても解説

「就業規則」は、賃金や労働時間などの労働条件、服務規律について定めた会社のルールブックです。会社を設立する場面では作成が、雇用する労働者の働き方に変化が生じたときなどには変更の必要性が生じます。専門的な内容となるため社労士などの専門家に依頼するべきか、自社で作成しても問題

株式上場(IPO)

税制適格ストックオプションとは|3つの要件と導入のメリット・デメリット

ストックオプションとは、取締役やそこで働く従業員に対して、会社の株式を権利行使価額(あらかじめ定めた株価)で将来取得する権利を付与することです。ストックオプションが付与されると、株価が上昇した時にストックオプションによって優遇された価額で定められた数量の株式を取得、売却す

役員・取締役

取締役を解任するには|正当な理由や手続き・議決権比率によるプロセスの違いと退任後の契約内容まで

会社の経営陣となる取締役ですが、考え方や方向性が違ったり、会社にとって不利益な行動を取られたりしたら「辞めてほしい」と感じてしまうこともあるでしょう。そんな時は取締役を解任することができますが、解任をするためにはさまざまなプロセスを経る必要があります。また、解任のしやすさ